ワイマックス電波改善の裏技

MENU

ワイマックス電波改善の裏技

ワイマックスの電波の受信状態が安定しない、
という時にお勧めなのがGoogle Public DNSを設定するという方法があります。

 

これはGoogleのデータ検索用サーバーを利用した無料のDNS(Domain Name System)です。
契約プロバイダーのDNSの代わりにGoogleのIPアドレスである「8.8.8.8」と「8.8.4.4」を設定します。

 

そうすることによって、世界中あるGoogleのサーバーから一番ユーザーに近いサーバーに接続。
より速く電波をとらえることができます。さらにワイマックスの電波を安定させる点で優れ物のDNSがNTT America Technical Operationsです。

 

「129.250.35.250」と「129.250.35.251」2つのIPアドレスがありますが、
どちらもより速くデータを届けてくれます。

 

この他にもワイマックスの電波状態を改善するためによく用いられているのが、
リフレクターでワイマックスのモバイルルーターを覆う方法。

 

金属製のボウルや、アルミ箔などでつくったリフレクターでワイマックスのモバイルルーターの背後にパラボラアンテナのような反射板を作ります。

 

電波を集めてワイマックスのモバイルルーターに反射してくれるので、
受信速度がかなり速くなります。
また、この簡易のリフレクターをベランダや窓のそばに置くと、通信速度はさらに改善します。

 

ワイマックスは本当に少し位置を変えただけでかなり速度が変わります!

 

室内では弱いと言われるワイマックスですが工夫次第で電波の改善は可能です。

 

是非、ご紹介した方法を試してみてください!

 

wimax2一番お得なのは?WiMAX2+プロパイダーランキング