ワイマックスの電波が弱い場合の解決方法

MENU

ワイマックスの電波が弱い場合の解決方法

室内で電波が弱いと言われるワイマックスですが、
管理人が今まで使用してきて室内であっても全く使えなかったというのは今だありません。

 

確かに室内で奥の方と窓側では速度の違いがでてきます。
窓側では7〜8Mだったのが室内の奥の方では1〜2M程になるといったことなどはあります。

 

ですがワイマックスは色々と工夫すると電波は改善されます。

 

ここではワイマックスの電波が弱い場合の改善方法などをお伝えします。

 

電波が弱い場合の対処法

モバイルルーターを窓際に置く
モバイルルーターの向きを色々変えてみる
自作のパラボラアンテナやリフレクターを作る

 

これらの方法で電波が弱い場合は殆ど解決できます。
管理人が実際に試して効果があったのはガスコンロの油ハネ防止用の
アルミパネルでリフレクターを作ったのが効果がありました。
ルーターを囲って電波を一箇所に集めてあげると効果があります。

ワイマックスのエリア内なのにどこに行っても電波が悪い、圏外になってしまう、
という場合はルーターの故障も考えられるので、
あまりにも電波が悪い場合はメーカーに修理を依頼してみましょう。

 

また電波が悪い原因として多いのが、パソコンが省電力モードになっていることです。
省電力モードだと通信が不安定になることがあるので、
電波が悪い場合は省電力モードはオフにして下さい。

 

電波のいい場所を探す時はインターネットの通信速度を計れるサイトがあるので、
そのサイトを使って色々な場所で通信速度を計ってみると電波がいい場所が分かります。

 

おすすめはspeedtest.netです。測定画面がかっこいいです。上りと下りどちらの速度も計れます。
またネットゲームをする際に重要なpingも計ることができます。

 

室内でWi-Fiの電波が弱い場合

Wi-Fiの電波が弱い場合はWi-Fiルーターを使用するのがいいです。

 

使い方としてはワイマックスをクレードルに接続して
Wi-Fiルーターとワイマックスを繋げるだけです。

 

接続の注意点としてWi-Fiルーターとワイマックス電波が
干渉しやすいので出来るだけ離して(1m位)設置した方がよいです。

 

また狭い室内にWi-Fi機器が複数ある場合は使わない機器は
Wi-Fiをオフにすると電波が干渉しなくなって通信速度が劇的に変わることがあります。

 

wimax2一番お得なのは?WiMAX2+プロパイダーランキング