WiMAXのQ&A

MENU

WiMAXのQ&A記事一覧

データ通信カードはパソコンに接続することによってパソコンそのものでワイマックスを使えるようにする通信機器です。UQ WiMAX Certification プログラムという専用のプログラムによって快適なワイマックス使用ができるように制御されています。このプログラムではUQ WiMAXおよび各WiMAXサービスの品質の安定と、WiMAX搭載機器の接続品質の維持を目的に、WiMAX搭載機器の接続性を認...

ワイマックスは古いパソコンでも使うことができます。あまりにも古いパソコンでは使うことができませんが、OSがWindowsXP以降なら使うことができます。WindowsXPとWindowsVISTAは32bit版だけがワイマックス対応です。古いパソコンだと無線LANが内臓されていないことが多いです。、ワイマックスは基本的に無線の機器なので無線LANが内臓されていないとワイマックスを使うことができなく...

ワイマックスの口コミなどを見ているとたまに見かけるのがワイマックスを契約したけど家で電波が入らない、ということ。ワイマックスは無線なのでエリア内であっても稀に電波が入らないということがあります。電気店などでワイマックスを契約して、店員がエリア内だから問題なく使えると言っていたけど、実際に使ってみると電波が入らないなんて言うのも目にします。管理人の場合はエリア内であったら使えなかったというのは今の所...

下り(受信)110Mbpsの高速通信で話題のWiMAX2+ですが、WiMAXもまだまだ健在。WiMAXの下り40Mbpsでも普通にインターネットを楽しむ上では、上々の快適ぶりです。それに何と言っても速度制限ナシですから下り40Mbpsのスピードでインターネットが使いたい放題です。WiMAXとWiMAX2+やau4TLGを組み合わせて使うことで、ワイマックスは新しいモバイルブロードバンドの可能性を開...

ワイマックスの評判は星1つから5つまで様々です。電波状況の良いエリアの方からは、非常に評判がよく、工事も不要で、買ったその日からインターネットがサクサク楽しめたという意見が多く見られました。反対に電波状況の悪いエリアでは、すぐに切断する、静止画像ですら遅くてストレスが募ったという意見も中にはあります。一般にワイマックスには都心に強く郊外に弱いという特徴があるようです。またモバイルルーターに複数の端...

速度制限はある一定の通信量を超えるとモバイルインターネット通信の速度がガクッと落ちるという現象です。一般的には7GBを超えると、それ以降の通信速度が128Mbpsまで落とされます。これはある意味公衆電波ともいえる無線の電波をより多くの人に、公平に使ってもらうための制度と言われていまつまり一つのアンテナに多くの人がアクセスしたら回線が混雑するから、それを解消するために速度制限を行っているというわけで...

一般のワイマックスユーザーが感じているのは、やはりデータ通信の速さでした。特にWiMAX2+を導入した人たちは下り(受信)110Mbpsの速さに予想以上の手ごたえを感じているようです。ipad をワイマックスと一緒に買う人がいるほど、ワイマックスのお手ごろ感、そしてストレスレスのデータ通信が大きな魅力なのでしょう。また、光回線から乗り換えてワイマックスを使っている人もいるようです。その多くの方が家...

ワイマックスの理論上の速さはWiMAXでは下り(受信)40Mbps。WiMAX2+では下り110 Mbpsです。けれどもスマホや携帯が受信状態の悪いところでは接続が悪くなるように、ワイマックスもエリアによって実際の速度が変わります。東京都内を例にしてみると、5 Mbps〜20 Mbpsのポイントが目立ち、10 Mbps〜40 Mbpsのポイントもかなり多く見られました。5 Mbps〜20Mbpsと...

ワイマックスはいつでもどこでもインターネットにつながれる情報アイテム。その分セキュリティが心配、という方もあるでしょう。けれどもワイマックスの情報は、電波区間は暗号化されており、その暗号化にはASEという共通鍵暗号方式の最新技術が採用されているのである程度は安心と言えます。このワイマックスが採用してるASEというシステムは,それまで使われていたDESという暗号システムがあまりにも浸透しすぎたことか...

WiMAX2+の110Mbpsと同様の速さを実現しているのがイーモバイルLTEです。同じ110Mbpsならどちらを選んでも同じではと思いがちですが、ワイマックスには、ワイマックスを選ぶ理由があります。それが速度制限ナシという特典です。一般のスマホやモバイルルーターでは7GB以上の容量の通信をすると、速度制限がかかり一気に高速インターネットが低速化。なんと128Kbpsまで速度が落ちてしまうのです。...

人気のタブレット『ipad』 ですが、ワイマックスとの相性はどうなのでしょうか?キャンペーンでタブレットPCが0円や1円でワイマックスの年間契約がセットになるパターンは多いのですが、『ipad』とワイマックスのセットはあまり見かけないのが実情です。それでは『ipad』とワイマックスの相性が悪いのかと言うとそうでもなく、非常に相性が良いと言えます。『ipad』には3Gの通信機能が付いた3G版とWi-...

ワイマックスの電波は直進性という特性を持っており、広範囲をカバーするという利点があります。ですから、Wi-Fiより広いエリアでより速く快適な高速データ通信を楽しむことができるのです。しかし逆にワイマックスの電波には、障害物には弱く、建物の密集地や室内での電波受信が弱くなるという問題点もあります。ですからサービスエリア内でも、屋内、車中、地下、トンネル内、ビルの陰、山間部など電波が伝わりにくい場所で...